ノエル・ギャラガー「リバティーンズの新作をプロデュースしたい」

  • ノエル・ギャラガー「リバティーンズの新作をプロデュースしたい」
  • ノエル・ギャラガー「リバティーンズの新作をプロデュースしたい」
  • ノエル・ギャラガー「リバティーンズの新作をプロデュースしたい」
  • ノエル・ギャラガー「リバティーンズの新作をプロデュースしたい」

★2月25日に遂にソロ2ndアルバム『チェイシング・イエスタディ』を日本リリースする(欧米は3月)ノエル・ギャラガー兄貴ですが、
最新号Q誌の取材で、
なあ~んと、2015年中にリリースされると噂されている「ザ・リバティーンズの3rdアルバムをプロデュースしたい(!!!)」と語っている。

といっても、「クソ忙しい今年の俺に時間があれば」というオチ付きなのですが、
2月1日発売のrockin'on次号に掲載される最新インタヴューでも「自身のソロ新作のセルフ・プロデュース作業がいかに楽しかったか?」を嬉々として語っていたノエル。
こりゃひょっとするとひょっとするかも???、、、。

ということで、Q誌に掲載されていたノエル兄貴のコメントがこれ。

「リバティーンズの新作プロデュースについては大いに興味があるよ、今後の俺に時間さえあればね。
あの2人(ピート・ドハーティ&カール・バラー)のことは大好きだし、
新作もこれまでの彼らのバンド史と同じくらい興味深いものであってくれれば最高だよな。
っていうか、あんな過去を持つあの2人がまた一緒に新作を創ろうとしてるってこと自体が驚異だろ。

これまであの2人が書いてきた共作曲も未発リリースのままでゴミ箱行きにするほど膨大なストックがあるみたいだし、
俺もこれまで自作曲のストックは未発リリースのままでコミ箱行きにするほどあったのに後日最高の曲に完成できた!なんてこともあったしさ。
膨大な未発曲のストックの中にキラリと光る逸品があるってことも分ってるんだ」。

★ちなみに、「今年から本格的なレコーディングが始まる」と噂されている「リバティーンズ新作のプロデューサー」はまだ発表されていない。

かつてリバのライヴにもよく足を運んでいたほど実は隠れリバ・ファンのノエル兄貴(実際に会場で何度かノエルを見かけたこともあり)。
「ソングライティング至上主義」という面ではこの3人の間に共通点があると思うけど、
あのピートを果たしてノエルがどう料理するのか???、、、。
こっちも興味深深♪♪♪
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする