リバティーンズ復帰ライヴ@ケンティッシュ・タウン・フォーラム

リバティーンズ復帰ライヴ@ケンティッシュ・タウン・フォーラム

遂に観た、6年ぶりのThe Libertines生ライヴ!!!!!!!!!!

Vera Lynnの”We'll Meet Again(初期から彼らのテーマ曲)”のSEが場内に流れ、
ピート、カール、ジョン、ゲイリーの4人が登場!!!!!!!!!!!!

この瞬間から場内の室温が一気に10度ぐらいハネ上がり、筆者が座っていた2回のバルコニー席も含めて全体がモッシュ・ピット(笑)。

この後アンコールを入れて21曲セットが終わるまで、客の温度は曲毎にぐんぐん上がりっぱなし。
誰もが踊り、飛び跳ね、見知らぬ隣の客と怒号をあげながら抱擁を交わし、
どの曲が出ても一語一句たがわぬ完璧なユニゾン・コーラスでステージ側に返す。
凄まじい光景だった。

★とりあえず昨夜のセット・リスト。

The Libertines Live@London Kentish Town Forum, Aug 25, 2010

1, Horrorshow
2, The Delaney
3, Vertigo
4, Last Post On The Bugle
5, Tell The King
6, Boys In The Band
7, Music When The Lights Go Out
8, What Katie Did
9, Can't Stand Me Now
10, Death On The Stairs
11, The Ha Ha Wall
12, Don't Look Back Into The Sun
13, Time for Heroes
14, Campaign Of Hate
15, Begging
16, Lust Of The Libertines
17, What Became Of The Likely Lads
18, The Good Old Days
19, Radio America / Up The Bracket
20, What A waster
21, I get Along

上着やバックや靴etcを失ったファンもかなりいるだろうし、
ピアスを引きちぎられ耳たぶから血を流しつつも歓喜の表情&大声で歌っているファンも周りにいた。
とにかく正気な顔をしている輩は周りに誰一人いなかった。

みんな今、自分が「本当に」The Libertinesのライヴを観ているのだ!!!
ということが最後まで信じられなかったんじゃないか?

筆者も今朝の明け方、ほんの数時間前帰宅した今(ライヴ終了後はチョーク・ファーム某所で行われた打ち上げパーティーに出席)も信じられない(笑)。

ここ数週間、睡眠不足で頭が朦朧としているので、
詳しいライヴ・レポ&アフター・ショー・パーティーの模様etcはまた後日のブログか、次号(10月1日発売号)で。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする