アメリカ人が好きなピンク・フロイドとプログレのアルバム×10枚

アメリカ人が好きなピンク・フロイドとプログレのアルバム×10枚

日本の洋楽リスナーの間でメタルの次に根強い人気があるのが、実は英70sプログレ・ロックだったりするわけですが、
アメリカ人も英プログレが好きなんだなぁ、、、とつくづく思ったのが最近観たこの記事。

★米『ローリング・ストーン』誌が読者投票で選んだ「あなたが好きなピンク・フロイドのアルバム×10枚」。

1, The Dark Side of the Moon
2, Animals
3, Wish You Were Here
4, Meddle
5, The Wall
6, Piper and the Gates of Dawn
7, Ummagumma
8, The Final Cut
9, Atom Heart Mother
10, The Division Bell

★こちらは同じく去年の米RS誌が読者投票で選んでいた「あなたが好きな70sプログレロックのアルバム×10枚」。

1, Rush / 2112
2, Pink Floyd / The Dark Side of the Moon
3, Yes / Close to the Edge
4, Genesis / The Lamb Lies Down on Broadway
5, Genesis / Selling England By the Pound
6, Rush / Hemispheres
7, Pink Floyd / Animals
8, Jethro Tull / Thick As A Brick
9, Pink Floyd / The Wall
10, Pink Floyd / Wish You Were Here

、、、キング・クリムゾンは? ELPは? カーヴド・エアーは?
君達はプログレ・ロックの何たるか?が解ってないなぁ(怒)。

なんて投稿が未だに届いてます(笑)。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする