“スラッカー(無気力)世代”を象徴するロック・アンセム×5曲

“スラッカー(無気力)世代”を象徴するロック・アンセム×5曲

皆さん、覚えてますか?
★80s後期~90s初頭のメジャー音楽シーンに突如浮上し、
いわゆる「無気力/スラッカー世代」と呼ばれていた英米オルタナティヴ・ロック。

当時のRockin'onでも「殺伐ロック」なんて異名で毎月誌面を賑わし(筆者もDinosaur Jr.とかペイヴメントとかよくインタヴューしたな、、、)、
数年後の「90s米グランンジ・ブーム」の前身ムーヴメントにもなったバンド/アーティストたち。

ベックの”Loser”が初めてメインストリーム・チャートのトップ20に食い込んだ日を記念し、

★英ガーディアン紙では「究極のスラッカー世代アンセム×5選」を発表しています。
☆トップ5はこんな感じ。

1, Sonic Youth / Teen Age Riot (1988 )
2, Dinosaur Jr. / Freak Scene (1988)
3, Superchunk / Slack Motherfucker (1989)
4, Radiohead / Creep (1992 )
5, Pavement / Cut Your Hair (1994)

☆上記5曲のPVもこちらで見れます。

http://www.theguardian.com/music/musicblog/2014/mar/05/top-five-generation-x-anthems
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする