休日課長の新バンド、DADARAYの初ライブの音楽的なクオリティはさすがに凄かった

休日課長の新バンド、DADARAYの初ライブの音楽的なクオリティはさすがに凄かった
曲を作っているのは川谷絵音なのだから当たり前といえば当たり前だが、それにしても凄すぎるクオリティと言うしかないクオリティ。

川谷の曲がすごいのは、日々をうっすらと覆っているやるせなさと虚しさの本質を、つまりこういうことでしょと、数音のメロディと数ワードの言葉で言い当ててしまうような、逆張り的な「ポップ」のやり方なのだとして。
そのすごさに磨きがかかっていた。

独自性でも圧倒的。
クオリティでも圧倒的。
休日課長、長田カーティス、佐藤栄太郎が揃い踏みとなった演奏も素晴らしい。

初ライブとなった今日だが、このバンドのビジョンはある意味ですでに完成していて、次には違う形の完成形を表現するのだろう。
それくらいのことは、このバンドなら楽勝でやっていくと思う。

とてもよかった。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする