BABYMETALの巨大キツネ祭り、さいたまスーパーアリーナ公演を観た

BABYMETALの巨大キツネ祭り、さいたまスーパーアリーナ公演を観た
久々に観たBABYMETAL。
あんまりにもタフになっていて、完全に驚いてしまった。

海外ツアーや数々のレジェンドとの対バンを経たからこその変化なのだと思うが、3人の貪欲さと成長速度が、BABYMETAL
という発明的な型の可能性を更新し、超えていっている。
そんな印象だった。

分厚い重低音を切り裂くように伸びて行くSU-METALの歌声は今日も素晴らしいものだった。
ただ、やはり彼女の歌も少しずつ変わって来ているように感じる。
これまで、あの凛と澄み切った歌声はどこか触れがたいような、不可侵なものがあったが、今日は曲のメッセージや音楽への思いをダイレクトに届けるような近しさが感じられて仕方なかった。
言うまでもなく、その魅力も説得力も、圧倒的に増していた。

会場の期待をまとめ上げる求心力、ステージングの確実さ、3人が一挙手一投足すべてで伝えるエモーション。
どれもが完璧にスケールアップしていた。

3人でひとつという懸命な姿とスケールアップした圧倒的なパフォーマンスが相まって、深く深く感動させられた。
いつも涙腺に来るが、本当に泣きそうになってしまった。

またいつか、3人にインタビューがしたい。
素晴らしいライブだった。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事

最新ブログ

フォローする