CDJ17/18この一枚「エスプラナードに誕生したプラネタリウム」

CDJ17/18この一枚「エスプラナードに誕生したプラネタリウム」

私が選んだこの一枚は、エスプラナードの新装飾です。

エスプラナードは、9~11ホールの2階通路のことです。リクライニングチェアを多数設置しており、CDJならではの休憩エリアとなっています。全長200m弱あるこの場所でバルーンアート以外に天井部分へ広く演出できる装飾を社内で議論し、開催2ヶ月前から装飾チームと現地に足を運びました。

天井からミラーボールを無数にぶら下げる案はどうか、実際にプロジェクターを持ち込み投射するなど色々検証した結果、大きなミラーボールを設置しようというアイデアに至り、今回の装飾が誕生しました。

休憩エリアであるということを前提に、ミラーボールに当てる照明は上方面から射つことで反射があまり下に行かないようにプログラミングを組んでもらいました。ミラーボールに当たる光が乱反射することで多くの反射が生まれて粒子は多くなり、幻想的な空間に。そして、蜘蛛の巣のように張り巡らされていた極細の銀糸は、現場で一本一本手作業で行ってもらいました。ストレッチ生地の布は、昨年の6~7ホールのトンネルで使用したものをミラーボールと組み合わせています。

CDJ17/18この一枚「エスプラナードに誕生したプラネタリウム」

両方とも透け感がある素材なので、そこにミラーボールの光が乗ることで、ドームに広がるプラネタリウムのような空間をお楽しみいただけたと思います。来年は更にパワーアップさせようと考えています!

(塩崎陽矢)

◆あなたの撮った写真が公式サイトにアップされているかも?フェス撮り in 17/18
http://countdownjapan.jp/1718/fesdori/form

◆フェスの余韻に浸ろう!会場クイックレポート
https://rockinon.com/quick/cdj1718

◆JAPAN JAM 2018 第2弾出演アーティスト発表!
http://japanjam.jp/2018/artist
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする