渋谷陽一、またまたジミー・ペイジに会う

渋谷陽一、またまたジミー・ペイジに会う

西新宿での目撃情報などがネットで流れているので、知っている人もいると思うが、現在ジミー・ペイジ絶賛来日中である。リマスター・シリーズの4枚目、5枚目が発売されるにあたってプロモーションを行っている。
そこで、またまたインタビュー。もはや「またお前か」とさえも言われなくなってしまい、挨拶もほどほどに「ツェッペリンにおける楽器アンサンブルの革新性を支えたものは何か」といったディープな質問でいきなりスタート。かなり濃い内容のインタビューになった。
社交辞令半分、本音半分で「ソロの計画があるようですが、ツェッペリンを超えるようなものを期待しています」と言ったら「ツェッペリンを僕一人で超えるのは絶対に無理。ツェッペリンは誰も超えられないんだ」と真面目に答えられてしまった(笑)
作曲の方法、「天国への階段」のメロをかいたのは誰か、レコーディングでロバート・プラントの仮歌はあったのか、といった僕しか聞けないオタク質問満載のインタビュー、11日1日発売のロッキング・オンに掲載されます。お楽しみに。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする