ジェイク・バグ、確かな成長が感じられる熱いステージを観る

ジェイク・バグ、確かな成長が感じられる熱いステージを観る
アコースティック・ギターの弾き語りから始まり、曲の圧倒的な力と、声と歌の素晴らしさで走り抜けるスタイルはいつもの通り。ただライブ後半のハードなナンバーでの盛り上がりは、キャリアの積み重ねと音楽的なレンジの広がりが、彼のアーティストとしての大きな成長を促したことが強く感じられるものだった。セットリストのラスト2曲を見ると、やはりこの2曲なのかと思われる方も多いかも知れない。
しかし、今回のステージにおけるこの2曲の役割はこれまでとは違っていた。この2曲に頼ることなく見事に盛り上がったライブに、その余韻を反芻するように歌われたのが素晴らしかった。
ネタバレになるので、今日大阪公演が終わるまであげるのを待っていた。

最新ブログ

フォローする