遠藤賢司亡くなる

遠藤賢司亡くなる
悲しい。闘病が長く続いていたので、本人も周りも覚悟はあったと思うが、悲しみは変わらない。
本当にロックな人だったし、パンクな人だった。
何故、ロックのギターは激しく鳴らされなければならないか、何故、ロックのギターの音は歪んでいなければならないか、彼の音楽に向き合えば一瞬のうちに僕たちは理解することが出来た。
去年のジャパン・ジャムに出演してくれた。別れる時にもう会えないような熱い挨拶をされた。僕はまた会うつもりだったので、大げさだなと笑って返したのだけど、彼はずっとそんな覚悟で一回ごとのライブをして、人と会っていたのだと思う。
本当に悲しい。ご冥福をお祈りします。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする