セクハラ問題で経営危機に陥っていた米映画会社ワインスタイン・カンパニー、破産手続き寸前に投資家グループに買収された。しかし今度はアカデミー会長にセクハラ疑惑。

セクハラ問題で経営危機に陥っていた米映画会社ワインスタイン・カンパニー、破産手続き寸前に投資家グループに買収された。しかし今度はアカデミー会長にセクハラ疑惑。
従業員約150人の雇用維持と、約240億円の負債を引き受けることを投資家グループは約束している。しかし今度はアカデミー会長にセクハラ疑惑が生じたようだ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする