少女時代、父親の車の後部座席に羊の頭が置かれていたという差別体験を歌った「ゴートヘッド(羊の頭)」という曲が鮮烈。アラバマ・シェイクスのボーカリスト、ブリタニー・ハワードの初ソロ作が素晴らしかった。

少女時代、父親の車の後部座席に羊の頭が置かれていたという差別体験を歌った「ゴートヘッド(羊の頭)」という曲が鮮烈。アラバマ・シェイクスのボーカリスト、ブリタニー・ハワードの初ソロ作が素晴らしかった。
アルバム・タイトルの「ジェイミー」は彼女の姉の名前。13歳の時、癌で亡くなっている。彼女はブリタニーにピアノや歌や詩を書くことなどを教えてくれたかけがえのない存在だった。
ブリタニーは、自分が何であるかを表現するために、どうしてもソロ作を作りたかったらしい。
まさにそうした思いに貫かれたアルバムだ。明日の番組でしっかり紹介したい。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする