ビリー・アイリッシュの「マイ・フューチャー」の最後の歌詞「それじゃ数年後に会おう」が泣ける。

ビリー・アイリッシュの「マイ・フューチャー」の最後の歌詞「それじゃ数年後に会おう」が泣ける。
凄い曲だ。前半のオールド・ジャズのようなメロディーが、とても新鮮だし心を掴む。
厳しい現実認識と危機感を歌っているが、最終的なメッセージは希望だ。

だけど私は
恋しているんだ
自分の未来に
君の知らない未来の私に

そう、私は
恋しているんだ
でも相手はここにいる誰でもない
それじゃ数年後に会おう

今の現実は厳しいけど、数年後には変わっているはず。何故なら私は未来の自分に恋しているから。このメッセージを民主党大会で18歳の少女が歌うのを見て、とてもこみあげるものがあった。
アニメのMVも良いけど、本人出演のMVが感動的。彼女のいう数年後はいつか分からないけど、それまでは頑張って生きていたい(笑)
番組のNY情報で中村さんが伝えてくれたトピックだ。

https://www.youtube.com/watch?v=Dm9Zf1WYQ_A

https://www.youtube.com/watch?v=1FvEDuWeB4A
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする