ゴリラズの新作は彼らが進めて来た、ポップ・ミュージック革命が新たな段階に突入したことを示す凄い作品だ。今日の番組でしっかり紹介したい。

ゴリラズの新作は彼らが進めて来た、ポップ・ミュージック革命が新たな段階に突入したことを示す凄い作品だ。今日の番組でしっかり紹介したい。
これまでにない、ベック、セイント・ヴィンセント、エルトン・ジョンといったアーティストと組んだ試みが素晴らしい。その必然と思想が「ソング・マシーン」というタイトルに示されている。ここでは番組では紹介できないエルトン・ジョンとのナンバーのMVをあげる。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする