エレファントカシマシの野音を観た!

エレファントカシマシの野音を観た!
凄かった。今日のエレカシは凄かった。
セットリストも凄かったし、宮本の歌もパフォーマンスも、そして初期のエレカシを支えたキーボード・細海魚を加えた(アンコールには蔦谷好位置も駆けつけた)メンバーの演奏も凄かった。

これまでほとんどやったことがない「暮れゆく夕べの空」、「自宅にて」は特別だったし、細海魚のハモンドオルガンが鳴った「月の夜」も、やはり特別だった。
「月夜の散歩」で亡き佐久間正英氏を思い出して宮本が泣いてちゃんと歌えなくなるシーンには、やはり胸がつまった。

終盤で、アルバムのリリースが宮本から突然告げられた。
タイトルは『RAINBOW』。
そこに収録される新曲もまた、スピード感と若さにあふれた新鮮な曲でめちゃくちゃ良かった。
アルバム、楽しみだ。

エレカシの野音はいつもいいが、今夜は本当に特別で、素晴らしかった。
エレファントカシマシの野音を観た!
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする