Mura Masa、最高のライブ!

Mura Masa、最高のライブ!
大容量の低音が出てるんだけど、柔らかくてどこか優しい。
硬質なビートなんだけど、どこか人懐っこい。
エレクトロなんだけど、どこかフォーキーでオーガニック。

レディオヘッド、ビョーク、プリンスが好きで、エレクトロニック・ミュージックに目覚めたのはジェイムス・ブレイクやハドソン・モホークがきっかけ、というのが本当に頷ける音の感触だ。
そんなトラックだからこそ、エイサップ・ロッキーもデーモン・アルバーンもすっとジャストフィットしてしまう。

ライブではMura Masa本人のサンプラーやパーカッションのプレイも加わってかなり肉体的になるが、けしてアゲアゲのパーティーにはならない。
由緒正しきUK文化系トラックメーカーの、センスと知性が爆発する最高のステージだった。(山崎洋一郎)
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする