THE KEBABS(ザ・ケバブス)のライブを観た

THE KEBABS(ザ・ケバブス)のライブを観た
最高のバンドの誕生、と言っていいんじゃないでしょうか。
しかもこんなにロックンロール感で押し切ってるバンド、今どき珍しい。
そもそもロックが危ういと言われている今、さらにロックンロールにまで突き抜けた無謀さは痛快そのものだ。

まだライブは初だというのに、佐々木(a flood of circle)も、新井(ex. serial TV drama)も、田淵(UNISON SQUARE GARDEN)も、鈴木(ex. ART-SCHOOL)も、早くもケバブスの化身としてステージで暴れまくっていた。
特に田淵はソロで歌うし、MCでしゃべる し、ピック弾きの嵐だし、かなり珍しい感じであった。

曲はいいし、歌詞はクレイジー。
ステージの上はかっこいいし、俺たちは楽しい。
最高のロックンロール・バンドが誕生した。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする