突然の新曲が最高。ローリング・ストーンズのロックンロールはコロナ禍においても見事に突き抜ける

突然の新曲が最高。ローリング・ストーンズのロックンロールはコロナ禍においても見事に突き抜ける
ストーンズが突然に公開した新曲の“Living In a Ghost Town“、聴いた人も多いと思うけど、最高だ。
曲も、同時に公開されたMVもひたすらシンプルでストレート。
今、この状況下でロックな気分になどなりようもないし、なってる場合ではない、という同調圧力をスパーンと突き抜ける「ロックンロール」感に満ちている。
さすがストーンズとしか言いようがない。
しかも、35年前の“ハーレム・シャッフル”を彷彿とさせるアンイージーなコード感と歌詞のダークなムード。
1年以上前にLAでレコーディングした曲のようだが、奇しくも今の空気に合っている。どこまでもストーンズは神秘的だ。


ディランもストーンズも、世の中がこんな事になっても、いやこんな事になってるからこそ、やっぱ強いな。


ミックのヴォーカルとブルースハープはかっこいいの一言!(山崎洋一郎)

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=LNNPNweSbp8&feature=emb_logo
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする