群れの中に見出した光

高橋優『今、そこにある明滅と群生』
2014年08月06日発売
ALBUM
高橋優 今、そこにある明滅と群生
前作『BREAK MY SILENCE』で投げかけたのは、世間体に惑わされること無く、心の奥底にある本音をさらけ出し、声を上げ、語り合うことだった。約1年振りの今作には、その先に見出された小さな光が描かれている。軽快なリズムが楽しい“BE RIGHT”やブルージーな“裸の王国”では変わらず世の中に対する違和感をウィットに富んだ歌詞で風刺しているが、今、彼の意思表示は決して一方通行では無い。 “犬”で歌われた《誰かじゃなくあなたがしたいことを教えてよ》、“パイオニア”で歌われた《評論家じゃなくあなたの声を聞かせてよ》という投げかけに対して、アルバムのラストを飾る“おやすみ”では《教えてくれていつもありがとう 聞かせてくれていつもありがとう》と歌われている。シンプルなピアノサウンドとストリングスの優しい響きで構成されたこの曲には、攻撃的なギターサウンドで歌われることが多かったかつての高橋優とは明らかに違う姿が映し出されている。常に「孤独」と向き合い固い決意と覚悟をもって戦い続けてきた末に生まれたこのアルバムは、とても優しく胸に響く。(渡辺尚美)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする