ブレイク後の重圧を創作欲に

イマジン・ドラゴンズ『エヴォルヴ』

発売中

イマジン・ドラゴンズ エヴォルヴ
アルバムに先駆けて発表されたシングル2作“ビリーヴァー”と“サンダー”では、イマジン・ドラゴンズといえばこれ、というクラップや太鼓によるプリミティヴで高揚感溢れるリズム、そして力強いシンガロングをフィーチャー。必殺技で確実に聴き手の耳をとらえる曲だったが、3作目となるこのアルバムはよりサウンドの幅も深みも進化を遂げている。

前作『スモーク・アンド・ミラーズ』にあった、アリーナ・ロック的なビッグなメロディやコーラスは、実際にバンドの活動スケールが増したことでリアリティとタフさが加わった。R&Bやダンス・ミュージックのビートや音遊びもより大胆で、クイーンを思わせる重厚でシアトリカルな要素もバンドの音に落とし込まれている。

1曲目の“アイ・ドント・ノウ・ホワイ”からアルバム中盤までは、アンセム的な濃い曲の連投で満腹感に襲われるが、後半にかけての巧みなアレンジ力で再び聴き手の胃袋を拡大させて、舌鼓を打たせる面白さ。終曲“ダンシング・イン・ザ・ダーク”の甘美なメロディの余韻には、また頭へと繰り返したくなる中毒性がある。さらなる魅力が花開いたアルバムだ。 (吉羽さおり)

最新ブログ

フォローする