解き放たれた魂の輝きと凄味

LiSA『ASH』

発売中

LiSA ASH
今年5月のアルバム『LiTTLE DEViL PARADE』から間髪入れずシングル『だってあたしのヒーロー。』(8月)、そして今作へと続くリリース攻勢だけでも痛快だが、TVアニメ『Fate/Apocrypha』オープニングテーマ“ASH”で彼女が見せる紅蓮のエモーション炸裂ぶりには思わず感激を禁じ得ない。マオ&明希(シド)が詞曲を手掛けたハードエッジかつグラマラスな楽曲を、怒濤のバイタリティとともに撃ち放つハイエナジーな絶唱――アルバムとそのツアーを通して彼女が獲得した「人と違う自分を愛することで、自分の未来を明るいものに変えることができる」という確信が、“ASH”の歌にも強烈な原動力となって息づいていることが窺える。作曲・編曲:Sho(MY FIRST STORY)によるラウドナンバー“罪人”で《神に愛されても 私が愛して欲しい人は 世界で貴方しかいないんだ》と突き上げる壮大で切実なイマジネーションも、金井政人(BIGMAMA)作詞&小南泰葉作曲の“ONLY≠LONELY”でのUS女性ロックシンガーの如き存在感も、彼女の「今」のすべてが力強く響く快盤。(高橋智樹)

最新ブログ

フォローする