モヤモヤと戦うバンド

ヤバイTシャツ屋さん『とってもうれしいたけ』
2018年09月19日発売
SINGLE
ヤバイTシャツ屋さん とってもうれしいたけ
現状のヤバTファンだけを喜ばせることが目的なら、本作3曲目収録の“タンクトップくんのキャラソン”を1曲目に配置するのが正解だろう。実際にこの曲はキャッチーでとても良い曲である。タンクトップくんというキャラクターを愛し、エールを送り、何ならタンクトップと和解してみせるという、ヤバTの物語としても感動的な1曲である。しかし、この曲よりも先に伝えなければならない曲があった。それが、フロア直撃型の高性能パンクに見せかけて実は冷静なメタ視点ソングとなっている“KOKYAKU満足度1位”だし、クプアスって何?とググらざるを得ないレゲエパンクの“君はクプアス”なのである。音楽としてはポップだが、モヤモヤとさせられる厄介な2曲だ。でも我々は、熱狂の中でフッと冷静になってしまう瞬間や、モヤモヤしてしまう瞬間を知っている。ヤバTはそんな現実と誠実に向き合っている。クプアスをググってみたところで余計にモヤッとするし、しばたのボーカルパートはそんなリスナーの気持ちを完璧に汲み取っている。真に高度で大切な共感は、厄介なロックの中にこそあるのだ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする