心の叫びに耳を傾けろ

BLUE ENCOUNT『SICK(S)』
発売中
MINI ALBUM
BLUE ENCOUNT SICK(S)
焦り、怒り、苛立ち、悲しみ。そんなやり場のない感情を音楽の燃料にして突っ走っている。言うなればBLUE ENCOUNTの音楽のおける原点と動機を明確に提示した6曲入りミニアルバムと言っていい。それは己の進むべき道に自ら光を灯す歌を唄う、ということだ。その一点に向かって、全力を傾注したエモーションは過去作を凌ぐ濃度に満ちている。さらに付け加えるなら、ELLEGARDENに憧れを抱いていたインディーズ時代の雰囲気も感じ取れるほど。地を這いずり回りながら、自分の夢や希望は絶対に捨てない。ここに来て、彼らの闘う本能が完全覚醒したような印象を受ける。その気迫と決意が楽曲にべらぼうな推進力を与えており、翻ってリスナーを最大限に鼓舞するメッセージソングへと昇華している。《不器用でも生きていよう/自信とか無いけれど/あなたとならば》(“アンコール”)の歌詞を見てもわかる通り、装飾やギミック云々を超越した、生き様としてのロックのかっこよさがギュウギュウに詰まっている。彼らの音楽を聴き続けてきて良かった、と心から誇れる1枚だ。(荒金良介)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする