インスト有機体の魔法の証

CHON『CHON』
発売中
ALBUM
CHON CHON

超絶パッセージやリズム・アレンジを積み重ねて楽曲を構築していくバンド・アンサンブルの質感は、プログレやマスロックよりもどちらかと言えばフュージョンのそれに近い。が、静と動が寄せては返す滑らかでダイナミックな展開は至って風通しが良いし、言葉はなくてもどこまでもエモーショナルな感情の躍動を全編通して呼び起こしてくる。USサンディエゴ発インスト・カルテット=CHONのセルフ・タイトルを冠した2年ぶり3枚目となる今作は、音と音が重なり合いながら人に作用する根源的な妖力と魅力そのものを改めて明確に映し出すものだ。

精緻かつスリリングでありながら「複雑」や「難解」といったワードをまるで想起させないネイサン(Dr)&イサイア(B)のリズム・セクション。そして、時に優美な包容力で、時に繊細かつ鋭利なタッチでもって、聴く者の視界を塗り替えていくマリオ&エリックのWギター。高速プレイ越しに幽玄の風景を描き出す“ゴースト”、暗雲の如きオルタナ的なコード感の間からドラマチックなスペクタクルが広がる“クラウディ”、ガット・ギター2本が響き合うイントロ&アウトロとバンド・サウンドのエッジ感とのコントラストが、めくるめく音の異境への扉を開く“ピッチ・ダーク”……インディ・ロック/オルタナ/フォーク/エレクトロニック/ジャズなど多彩なジャンルの断片を感じさせつつも、それらすべてを「世界を描く絵筆」として巧みに活かすことのできる、真の意味での音楽集団。インスト「なのに」ではなく、インスト「だからこそ」体現し得る魔法の真骨頂たる快盤だ。C(炭素)、H(水素)、O(酸素)、N(窒素)をバンド名の由来に持つ音の有機体=CHON、2度目の来日となるフジロックのステージもいよいよ目前! (高橋智樹)



詳細はSony Music Entertainment (Japan)の公式サイトよりご確認ください。

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

CHON CHON - 『rockin'on』 2019年8月号『rockin'on』 2019年8月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする