自由奔放が辿り着く理想の均衡

KEYTALK『DON'T STOP THE MUSIC』
発売中
ALBUM
KEYTALK DON'T STOP THE MUSIC
「こういうことがやりたい!」という衝動が多彩に炸裂している印象がする今作の全体像を簡潔に表現するならば「勢いがある」だ。たとえば“DE’DEVIL DANCER”は、サウンド面の勢いの良さが猛烈に伝わってくる。4人各々が思いっきり楽器プレイヤーとしての主張をしつつも、ツインボーカルのコンビネーションとメロディの良さが鮮やかに浮き彫りにされている様に驚かされる。ともすれば無秩序となってしまいそうな熱量が渦巻いているのに、楽曲として理想的に輝く絶妙なポイントに着地できてしまっている点に、改めてこのバンドの只者でなさを感じた。3曲分くらいの要素が絡み合っていると言っても過言ではないくらいの起伏に富みまくった展開を遂げて、しかもキャッチーだという実に不思議な曲“アカネ・ワルツ”も、とてもいい。随所で心地よいキメとタメを利かせながらミステリアスなムードを漂わせる“旋律の迷宮”にもワクワクさせられる。その他にも刺激的な曲が満載のこのアルバムを聴いてますますKEYTALKが好きになったし、今後も重ねていくはずの進化が楽しみになった。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする