命の記録と化したふたつのテーマ曲

Aimer『春はゆく / marie』
発売中
SINGLE
Aimer 春はゆく / marie
2020年最初のシングルはダブルタイトルで、まず“春はゆく”が劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]Ⅲ.spring song』主題歌。作詞・作曲は同劇場版シリーズの音楽を手掛けている梶浦由記で、もちろんAimerとの主題歌タッグも“花の唄”“I beg you”に連なる三部作完結編となる。和のテイストを帯びた曲調は壮麗なストリングスアレンジが施されてはいるけれども、どこか侘び寂びの抑制が効いた作風であり、無数の悲しみや痛みを積み重ねて《あなた》と季節を潜り抜けてゆく思いが滲んでいる。言葉数や音量に頼ることなく、しかしその行間からとめどなく感情が溢れ出す奥ゆかしいナンバーだ。三部作の主題歌には一貫したテーマが横たわっているが、意識的に表現の幅を押し広げていたAimerの成長が歌声として見事に注ぎ込まれている。繊細にして、芯の強い健気さを受け止めさせる名曲である。一方の“marie”は、芸術展「ハプスブルク展」イメージソングとしてアートと生々しい感情の関わりを映し出すミドルテンポの楽曲だが、アップテンポなカップリング曲“Run Riot”は刺激的だ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする