コッテコテに見えて驚きの新触感

-真天地開闢集団-ジグザグ『ハキュナマタタ』
発売中
MINI ALBUM
-真天地開闢集団-ジグザグ ハキュナマタタ
ルックスとバンド名、そしてライブを禊と呼ぶコンセプトは、ヴィジュアル系そのもの。しかし、音源集『ハキュナマタタ』の1曲目“Requiem”を聴いて、意表を突かれた。命(Vo・G)の太く艶やかな声質は王道であり、バッキバキのヘヴィロックではじまるのだけれど、サビがさわやかすぎるのだ。ギャップを狙ったにしても、迷いなさすぎ! 続く“コノハ”も、キメやギターソロなど、華やかなステージがイメージできるフレーズはちりばめられているが、何よりも際立っているのは疾走感。つまり、ヴィジュアル系の黎明期を知る人間から見ると、このジャンル元来の、滲み出る「揺れ」がない。たとえば、ポップとアングラのバランスを取ろうとしている感じや、メロディアスでも湿度高めにドロッとさせる感じが皆無なのだ。外側の世界観は構築しているのだから、内側の音楽は振り切れるだけ振り切っていいんじゃない?というような、カラッとした発想が窺える。恐らく、様々なジャンルをバランスよく吸収してきた歩みも、ナチュラルに表れているのだろう。総じて、新触感を味わえるバンドだと思う。(高橋美穂)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする