「まっすぐ」とは「切実」の別称

SUPER BEAVER『名前を呼ぶよ』
2021年07月07日発売
SINGLE
SUPER BEAVER 名前を呼ぶよ
“名前を呼ぶよ”は、映画『東京リベンジャーズ』の主題歌。《今さら馬鹿みたいなこと言うけど》という一節から始まるのが実にSUPER BEAVERらしい。この曲で描かれているのは「人との出会いの尊さ」であり、おそらく多くのリスナーが常日頃から実感していることだが、たとえば友人との会話の中で触れようとしても、まっすぐな内容であるがゆえに気恥ずかしさに阻まれてしまうのではないだろうか。しかし、先ほど引用した歌詞の言葉を借りるならば《今さら》であり《馬鹿みたいなこと》のようにもなり得る想いが音楽として美しく鳴り響いた時、リスナーの心は激しく揺り動かされる。なぜなら、言えそうでなかなか言えないこういう事柄は人間として感じる喜びの極みであるがゆえに「まっすぐ」なのであり、そのことについて全力でともに歌う機会も得られる体験は、「今こうして生きている」という事実に対する全力の肯定に繋がるからだ。SUPER BEAVERの音楽の中には、こういうまっすぐな感情を伸び伸びと羽ばたかせられる空間が広がっている。だから聴く度に心底嬉しい気持ちになれるのだと思う。(田中大)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする