向こう側へ

ACIDMAN『Under the rain』
2009年05月27日発売
SINGLE
ACIDMAN Under the rain
優しく爪弾く儚げなアコースティック・ギターのイントロから一転、轟音とともに上り詰めていくようなAメロから咆哮のサビへ。アシッドマンの音楽にとって静と動の対比はいつも大きなモチーフになってきたし、ここ2枚のシングル曲“I stand free”“CARVE WITH THE SENSE”も、それぞれ繊細さと衝動の両極を表現した曲になっていた。その流れで言うと、今回はかなり激しいナンバーだと言える。ただしストレートな「衝動」という感じはしない。ちぎれそうな繊細な感情を必死に繋ぎとめているような感覚。サビ部分の歌詞は《Why did you say goodbye?/I broke down under the rain》(何故貴方は消えてしまったのだろう?/私は雨に打たれながら泣いていた)。歌の世界を紐解くと、それが単なる別れではなく死や生をモチーフにしたものだということが伝わってくる。

前作『LIFE』で掲げたテーマは、アシッドマンにとって、大木伸夫という人間にとって、きっととても大きなものだったのだろう。それを研ぎ澄ました感覚で彫り続けている印象がある。次のアルバムも鮮烈なものになりそうだ。(柴那典)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする