「本当は疲れている人」へ

木村カエラ『Sun shower』
2012年10月24日発売
SINGLE
木村カエラ Sun shower
夏フェスで聴いた時にも美しい曲だと思ったが、この歌は余りにも素晴らしい。「能動的・積極的な癒し」をもたらす時のシンガー・木村カエラによる、新たな大名曲の誕生だ。楽曲のプロデュースはクラムボンのミトで、珠玉のメロディとがっちり手を取り合う穏やかで確かなメッセージがカエラ作の歌詞を伝い、それをコトリンゴのピアノ、伊東大地のドラムス、よしうらけんじのパーカッション、豊饒にしてドラマティックなストリングス・アレンジが静かに、次第に強く盛り立てる。決して忘れ得ぬことを抱え、変革を求めるプレッシャーを自らに課し、そして消耗していることにさえなかなか気付かない、そんな人々にこそ届くべき1曲である。安っぽいハッピー・エンドや断片だけの「不幸な出来事」ばかりが消費される世の中で、この歌はありとあらゆる因果関係を受け止めながら休息を促してくれる。この無限の包容力を形にした木村カエラは本当にすごい。
 
こんなすごい1曲とカップリングで届けられるのは、ジム・オルークや石橋英子らの独創的にして秀逸なアレンジが光る、ビートルズ・カヴァーだ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする