n-buna ボーカロイドとロックのハイブリッド 新進気鋭のボカロPに迫る!

2012年から活動を始め、ニコニコ動画への作品投稿などによって既に圧倒的な人気を確立しているボカロP=n-buna(ナブナ)。彼による初の全国流通アルバムが『花と水飴、最終電車』だ。“ウミユリ海底譚”“透明エレジー”“夜明けと蛍”といった代表曲の他、新曲も多数収録した本作のテーマは「夏の終わりの1日」。あの時期に漂う何とも言えないやるせなさを、緻密に構築されたギターアンサンブル、ロックフィーリングに溢れたサウンドで描いた1枚となっている。n-bunaは何を想い、制作に向かったのか? 彼の心の奥底にある原風景、ボーカロイドの歌ならではの魅力など、幅広い話題にも触れて語ってくれた。

インタヴュー=田中大

↑TOPに戻る

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする