BEAT CRUSADERS解散後に日高央を中心に結成されたバンド、THE STARBEMS。いわゆる「ラウドな」サウンドを軸に、日高十八番のロックレジェンドへのオマージュ、いぶし銀のギミック、そしてパンチの効いたアンサンブルが炸裂する彼らのロックは、やはりどのバンドとも比較できない強烈な個性を放っていた。ただ、今回リリースされる2ndフルアルバム『VANISHING CITY』において、バンドはひとつの呪縛から解放されたのだ。それは以下のインタヴューで日高自身が語っているように「ビークルの呪縛」からである。その結果、アルバムは非常にポップで、キャッチーな内容に仕上がっている。ただ、だからと言って「今回はビークルのポップな要素をどんどん注入しよう!」という単純な戦略によって生まれたアルバムでもない。アルバムが完成し、気がついたら、バンドは呪縛から解放されていた。気がついたら、日高央は自分の最強技を使っていた、という表現が適切なのかもしれない。日高と越川に、その自信と確信の理由を訊いた。

インタヴュー=徳山弘基

  • 1
  • 2

最新ブログ

フォローする