チャットモンチー @ 日本武道館

チャットモンチー @ 日本武道館 - チャットモンチーチャットモンチー
チャットモンチー @ 日本武道館 - チャットモンチーチャットモンチー
チャットモンチー初の武道館公演2DAYS、題して「すごい2日間 in 武道館」の2日目。その名の通り本当にすごいライヴだった! 昨年11月に開始した「生命力みなぎりTOUR」初日のZEPP TOKYOでこの武道館公演が発表された時から、わくわくと高まり続けた期待感を真正面から誠実に受け止めつつも、バンドの本質を際立たせたとても意味深いステージだった。

開演時刻を10分弱過ぎた頃ステージにライトが照らされ、そろそろ登場か?と思いきや、なんとアリーナ席の後方の客席通路をぬって3人が登場! 一段高くなった壇上でポーズを決め、拍手と歓声を浴びながら再び客席を通ってステージへ――。リングに挑む格闘技選手のような後ろ姿がとてもまぶしい。そして1曲目が始まった。またびっくりした。痛いほど研ぎ澄まされた少女特有の感性がポップに開花した初期チャットモンチーの代表曲代名詞“ハナノユメ”だったのだ。メジャーデビュー・ミニアルバム『chatmonchy has come』の1曲目でもあるこの曲を皮切りに“ツマサキ”“DEMO、恋はサーカス”、そして武道館の天井いっぱいに満天の星を演出した“惚たる蛍”、と初期の楽曲が続いてゆく。バンドにとっても、ファンにとっても、とても思い入れの深い楽曲たちだ。「えー、こんばんは、チャットモンチーです」というMCを挟んで、1stアルバム『耳鳴り』の楽曲へと進んでいく。“恋愛スピリッツ”や“ひとりだけ”といった楽曲が、武道館規模でダイナミックに鳴らされる迫力に圧倒された。そう、この武道館が感動的だったのは、いろいろな楽しい仕掛けはあるものの、つまるところ、オリジナリティー溢れる素晴らしい楽曲と、3人の演奏力だけで、満員の武道館を堂々と圧倒していたことだった。

中盤“手のなるほうへ”のコーラス合戦を挟んで以降、最新作『生命力』からの楽曲を中心に、客席と一緒に楽しむ、というここ半年間のバンドのモードが全開に! 

“とび魚のバタフライ”では銀テープがキラキラと降り注ぎ、“シャングリラ”では大きなミラーボールが回り、“真夜中遊園地”では白い煙が上がる。夏リリース予定の新曲“風吹けば恋”も披露された。へヴィでソリッドなサウンドとサビのポップなメロディとのバランスがとても新しい手触りのロック・ナンバー。チャットモンチーがまた新しいステージへと上がっていくのが見えた。

最期から2曲目、“親知らず”の《私もいつかこんなふうに人を愛せるだろうか 幸せの意味を誰かとわかりあえるだろうか》という歌を聴き、バンドの成長に思いをはせながら、なんだか涙が出そうになった。メジャーデビュー前に作った楽曲をたくさんの人に聴いてもらうことについて、ベースの晃子が「曲を喜ばせてくれてありがとう」と語った言葉がとても感慨深かった。

ニュー・シングル“ヒラヒラヒラク秘密ノ扉”にて本編終了。そして、アンコール――。3月31日の昨日は“サラバ青春”だったそうだが、今日は4月1日。「4月ということで、私たちが上京してきた時に作った歌を歌います」というMCとともに、“東京ハチミツオーケストラ”が始まった。バンドの区切り演奏され、いつでも3人が初心に返れる曲だ。会場にパッと客電がつき、天井からたくさんの色とりどりの風船が夢のように弾みながらこぼれ落ちてきた。JAPAN5月号にてこの日のライヴ・レポートを掲載します。(井上貴子)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする