flumpool/日本武道館

flumpool/日本武道館 - All photo by 古渓一道All photo by 古渓一道
●セットリスト
1.Touch
2.覚醒アイデンティティ
3.labo
4.Natural Venus
5.夜は眠れるかい?
6.強く儚く
7.明日キミが泣かないように
8.花になれ
 Inst
9.FREE YOUR MIND
10.傘の下で君は…
11.Over the rain ~ひかりの橋~
12.ナミダリセット
13.ラストコール
14.Blue Apple & Red Banana
15.Sprechchor
16.World beats
17.星に願いを
(アンコール)
EN1.大切なものは君以外に見当たらなくて
EN2.君に届け

flumpool/日本武道館
flumpoolが持てるものすべてを届けようという、そんな彼らの強い意志を感じさせる圧倒的なライブだった。客電が落ち、SEの音が高まると、会場中が待ちきれずにハンドクラップでメンバーを迎える。そして“Touch”でライブがスタート。ステージ左右のモニター画面には、山村隆太(Vo・G)が歌うのと同時進行で、歌詞がはっきりと映し出されていく。楽曲に込められたメッセージを、今夜は明確にすべての人に届けたいという思いもあったのかもしれない。山村の声もとても伸びやか。「後ろの後ろまで見えてるよ!」と、ステージ背後まで満員の客席や2階席の最後方にまで、力強い歌声を届けていく。続く“覚醒アイデンティティ”では、阪井一生(G)のソリッドなギターイントロに合わせ、無数のレーザー光線が客席に突き刺さり、いきなりクライマックスへと導くかのようなロックサウンドを展開。そして尼川元気(B)と小倉誠司(Dr)のリズム隊が生むグルーヴ感に、間違いなく今日のflumpoolが絶好調であることを感じ取る。
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
初っ端からフルスロットルの演奏に、阪井も「ペース配分を間違えた(笑)」と、思わずつぶやくほどだったが、さらなるクライマックスはこの後に何度も訪れることになる。ライトが目映く明滅すると、flumpoolが表現者として新たな可能性と希望を手にいれた楽曲のひとつである“夜は眠れるかい?”を披露。突き刺さるようなダークなサウンドは、ネガティブな感情もさらけ出す強さを手にいれた証であった。デジタルサウンドを取り入れながらも野性的なロックバンドとしての存在証明を色濃く浮かび上がらせるこの曲が、これほど高らかに、ポジティブに耳に飛び込んでくるとは。
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
中盤、インタールードをはさみ、スクリーンでは懐かしい過去の映像がフラッシュのように映し出されていく。その映像に見入っている間にも、ステージのセットチェンジが行われ、ステージ前方の半円状にせり出した部分に、いつの間にかメンバー4人が向き合うように立っていた。“花になれ”を、これまでの歩みを確かめ合うように演奏し終わると、そのまま強烈なエレクトロサウンドが光の洪水の中で響き渡り、反復するシンセ音に激しいギターが重なって、始まったのは“FREE YOUR MIND”。ここからのステージングがとにかく圧巻で、flumpoolが表現する音の世界と、ため息の出るような美しくアーティスティックな演出に圧倒されっぱなしだった。どう説明すればいいのだろう。円柱状の大きなLEDモニターがメンバーを取り囲むようにステージまで降りてきて、その中でステージが回転するのだ。その回転に合わせるようにモニターには様々な映像が映し出され、その映像ごしに見えるメンバーの姿を幻想的に彩っていく。円形のステージはそのまませり上がったり、また速度を変えて逆方向へ回転したり。何よりもすごいのは、そんな緻密で実験的な演出に目を奪われながらも、flumpoolの奏でるサウンドがその視覚的なマジックにまったく埋もれることがないということ。これまでの活動の中で、何度も行き当たった迷いや葛藤、逡巡──そうしたものを、彼らが丸ごと肯定して突き抜けた先に、明確な今がある──そんなことを思わせてくれた瞬間だった。
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
flumpool/日本武道館
だからこそ、その後に続いた“ナミダリセット”と“ラストコール”の自信に満ち溢れた演奏はとりわけ感動的だった。これぞflumpoolとも言える生身のロックサウンド。ただひたすらに歌の力強さが伝わってきた。終盤、山村が「武道館、楽しんでますか? 自分が一番楽しいと思う人!」と問いかけると、会場からは全力の「Yeah!」。すかさず「俺が一番です!」と笑顔で返す山村。きっと、それは本音だったはず。さらにコール&レスポンスが続く中で、「俺たち、明日もここでライブするけど、今日が最後だと思ってやってるから」と語りかけると、会場の声はさらに膨れ上がり、大きな波が訪れたその瞬間、銀テープが四方に放射される。そのまま突入した“World beats”では歌い出しから会場中が出力最大の声で山村の歌声に応えていく。この日一番の床揺れを実感。そして本編ラストに演奏されたのは“星に願いを”だった。サビでは再び会場とステージの気持ちがひとつになったかのような、強い強いシンガロング──。
flumpool/日本武道館
アンコールでは山村が「思うようにいかないことばっかりで、逃げ出したいと思うこともあったけれど、俺たちに足りないところ、欠けてるところを埋めてくれたのは、いつもみんなです」と気持ちをこめて語り、“大切なものは君以外に見当たらなくて”を、ひとつひとつの言葉、ひとつひとつの音を確かめるように演奏すると、スクリーンには客席の様子が映し出されて、ステージ上ではメンバー全員が、響き渡るシンガロングの声に聴き入りながら、その光景をかみしめていた。とても美しい光景だった。そして阪井が「3年前の武道館ライブを確実に超えました」としみじみと言葉にしたのがとても心に残る。最後に、山村が「僕らにとっては、誤解されるような認知のされ方をした曲だったかもしれないけど、思い出の曲です。まっすぐな思いを届けさせてください」と言葉にして、“君に届け”を。様々な思いがよぎるこの曲を、この日のラストに選んだのは、彼らが手にいれた本当の強さと自信の表れだったと思う。
flumpool/日本武道館
来年に控えているデビュー10周年に向けて、flumpoolは最高のスタートを切った。2時間30分、彼らのこれまでのキャリアをすべて肯定して更新した濃密な時間は、彼らの重要なマイルストーンとして、これからも長く語られていくことになるだろう。さらなる飛躍にも、ますますの期待がかかる。秋から始まる全国ツアーも楽しみだ。(杉浦美恵)
flumpool/日本武道館

終演後ブログはこちら↓
【速報】flumpoolの日本武道館ライブ、その初日を観た!
http://ro69.jp/blog/ro69plus/160969

最新ブログ

フォローする