「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity

「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - カメラマン:小松陽祐(ODD JOB)・岡本麻衣カメラマン:小松陽祐(ODD JOB)・岡本麻衣
6月4日の愛知・Zepp Nagoya公演より4公演にわたり開催された「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW-」。6月25日の東京・Zepp DiverCity公演には、あらき、いかさん、うらたぬき、くろくも、この子、Sou、そらる、ピコ、MeseMoa.、luzという、ニコニコ動画やネットシーンで活躍している歌い手たちが集った。そのファイナル公演の模様をレポートする。

まず、各出演者の紹介VTRの後、カウントダウンが。オーディエンスもそれに合わせてカウント。数字が少なくなるにつれて会場のボルテージは高まっていく。

暗転から照明に照らされたステージには、あらきとluzが背中合わせで登場。歓喜に沸くオーディエンスに迎えられながら、“ロメオ”のイントロが流れ、ふたりの《ロメオ》で一気に黄色い歓声が爆発。多くの歌い手たちが「歌ってみた」動画を投稿しているこの曲は、言うまでもなく人気曲であることから、1曲目から会場のボルテージはMAXへ。勇次郎パートをluz、愛蔵パートをあらきが歌い、ふたりのハーモニーも奏でられる。そしてサビの「JUMP!!(×4)」ではオーディエンスも合わせて跳びはねる。ステージでふたりが上手と下手で入れ替わる場面で真ん中で手を合わせるなど、息のあったパフォーマンスを披露。会場が赤と白のライトで埋めつくされたこの“ロメオ”は、最後、またふたりの背中合わせでパフォーマンスを終えた。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - あらきあらき
次はあらきがひとりで残るかたちとなり、“小さな恋のうた(Synth Rock Cover)”へ。赤一面となったフロアへ向かって、「あなたのもとへ!!」と叫ぶ。サビの前では「叫んでくれよ!」と会場を煽り、オーディエンスもそれに応え《ほら》と大声で歌う。さらに「Say Yeah!!」と再び声を求め、負けずにオーディエンスも応えて歌う。MONGOL800の原曲とはまた違った、あらきの高音が響く“小さな恋のうた”となった。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - そらるそらる
続いて、“バレリーコ”のイントロが流れると、そらるが登場。「最後までダッシュで行こう!」という掛け声から今日の意気込みが窺える。前のステージとは一転、青一面となった会場に「跳べ!」と煽り、そらるはサビで叫ぶように歌う。さらに、“小さな恋のうた”とは反対といえるアンニュイ感のある曲をそらるは、最後さらに全身で叫ぶように歌い上げた。

また一転、“エイリアンエイリアン”のイントロが流れると「ETA東京! 侵略しに来ましたー!」と、Souといかさんが、ナユタン星人の動画のダンス(?)をしながら登場。片方が歌っているときは歌っていない方がそのダンスを続けているという、なんともゆるい感じだが、感情豊かに歌い上げ、ふたりのユニゾンも披露された。

最初のMCコーナーは、Souといかさんが担当。いかさんはこのツアーについて、「4公演あっという間だった」と語る。そして、ふたりは「あれやろう」と言って、よく漫才で見る、真ん中のマイクに「はいどーもー」というアレをやる。「いかさんです」「Souです」「あわせて『いかそうめん』」。会場が一瞬あっけにとられたのか、間が空いたこということで、再度挑戦。すると空気を読んだオーディエンスは大きな歓声をあげる。しかしSouは「ほんとにこれでいいのか……」と反省しつつも、いかさんは「よし、満足!」とこの流れをひとまず終えた。いかさんは「本当に駆け抜けてきて、みんなの笑顔をたくさんもらってきました。我々も楽しんでいきましょう」とSouに語りかけた。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - いかさんいかさん
そしていかさんだけが残ると、先日発表されたバースデーライブの告知。「みんなが与えてくれた夢、みんなで作り上げた夢をみんなで叶えたいなと思って」と開催に至った経緯を感謝と意気込みとともに語った。続いて、5月に「歌ってみた」動画を投稿した“雨とぺトラ”を披露。「盛り上がってけー!」という掛け声とリズミカルな曲に合わせてオーディエンスは体を揺らす。哀愁が漂うこの歌を、いかさんは熱く想いを込めるように歌い上げる。間奏の部分での高い女の子声にオーディエンスが沸き、そのまま曲の終盤まで一気に熱唱。パフォーマンスが終わった後も、会場はしばらくざわつき、そのパフォーマンスに圧倒されていた。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - MeseMoa.MeseMoa.
続いてMeseMoa.が登場。彼らがMeseMoa.として(2017年1月に旧称 むすめん。から改名)4月にリリースした1stアルバム『Secret』より“曖昧ジゴロ”を披露。9人が息のピッタリ合ったダンスパフォーマンスで、同アルバムのジャケットと同じ兵隊のような衣装をはためかせていた。「ETA、声聞かせてください!」という呼びかけに、会場もカラフルなライトで応える。
メンバーそれぞれの名前と担当カラーで自己紹介の後、衝撃的なミュージックビデオが話題となった“Shadow Kiss”へ。セクシーなダンスで、会場を妖艶な空気で包んでいた。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - この子この子
次に、ピアノのジャジーなイントロが印象的な“このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る”がはじまると、自身のアイコンと同じような髪型で黒のドレスを纏ったこの子が登場。その細い身体とはギャップのあるパワフルな太い声を響かせる。英詞に聴こえる同曲の歌詞も、この子が歌うとさらに厚みが増し、また、ジャズとロックが合わさったようなこの曲の生演奏というさらにゴツみが増した構成は、この子のリサイタルを観ているかのようだった。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - この子 / くろくもこの子 / くろくも
そして「Come on, くろくも」と、くろくもを呼び込むと「盛り上がっていきまっしょい~」と登場。ふたりで動画投稿もしている“威風堂々”を歌い始める。この子のパワフルさとはまた違ったくろくもの力強く高い突き抜ける声の、ふたりのハマり具合に会場も圧倒されているかのよう。スクリーンで流れるふたりを模したセクシーなイラスト動画に合わせ、色気たっぷりに、かつ強気に歌い上げた。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - くろくもくろくも
その後、直前まであんなに色気たっぷりに歌っていたとは思えないほど、のんびりとしたMCへ。ひとり残ったくろくもは“愛して愛して愛して”で妖艶なファルセットを情感たっぷりに披露した。
「EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2017 -RAINBOW- 」/Zepp DiverCity - SouSou
続いて登場したSouは“妄想感傷代償連盟”を披露。水色一面になった会場で、前の女性ふたりのパフォーマンスとは真逆のような感じで、爽やかな歌声を披露する。
MCでは、MeseMoa.のあおいを呼び込み、今年高校を卒業したということから、高校生活の話を語り始める。ふたりは、その活動から、学校でばれていたかどうか、という話に。Souはひたすら隠していたという一方、あおいは、顔出しで活動していたことから完全にばれており、卒業式には写真集用の写真を撮るためにカメラマンが来たというエピソードも。そして、ふたりで卒業記念にコラボした曲として“桜ノ雨”を披露。スクリーンには、3月に投稿されたふたりのオリジナル動画が流れた。

次にSouだけが残ると、そらるが登場。会場が青と水色一面になると、そらるは「青いね。あおいくんも青かった?」と客席に訊くと「赤」(あおいの担当カラー)と返ってきて、「あおいくんなのに」とのんびりとしたツッコミを入れる。そして前のMCを聞いていたというそらるは「18歳ですって。みんな同い年だ。俺も」と笑いを誘う場面も。さらにSouは学校でばれていなかったという話から、実はばれていたのではという説が浮上、そらるも自身の身の上エピソードを語る。また、Souに大学生活について訊くなど、先輩らしい一面も。
そんなのんびりしたMCの後、ふたりで“ドリームレス・ドリームス”へ。そらるの優しい歌声とSouの爽やかな歌声のハーモニーが青と水色で染まった会場を包んだ。

Souがステージを降りると“フラジール”のイントロが。luzが登場し、そらるとluzの初コラボ曲を披露。先ほどのSouとのコラボとはまた一転して、大人な男性ふたりの哀愁漂う歌声が、再生数100万回を突破する人気コラボ曲である所以を物語っていた。

そらるがひとりステージに残ると、“シャルル”の冒頭を歌い始める。こちらも色気を含んで歌うさまやファルセットで、聴かせる歌声に会場は聞き入っていた。

次のページうらたぬき登場。luzの“R-18”ではMeseMoa. あおいが妖艶なダンス

最新ブログ

フォローする