ポール・ウェラー、ボーイ・ジョージとのコラボレーションを予定していることを明かす

ポール・ウェラー、ボーイ・ジョージとのコラボレーションを予定していることを明かす

ポール・ウェラーはボーイ・ジョージとレコーディングを予定していることを明らかにしている。ポールはこのコラボレーションについて次のようにアンカット誌に語っている。

「ボーイ・ジョージに話をしてみたら、すごいやりたがってくれてね。あとはそれにふさわしい曲をみつけてくるだけなんだ」

「あいつの声は今すごくいい感じになってきてるんだよ。本当にいい声をしてるんだっていうことを俺もすっかり忘れちゃってたんだけど、年齢とともにさらによさが増してるんだよね。だから、80年代のじじい二人でなんかやってみようってことよりも、もっと音楽的な動機から思いついたことなんだ。でも、その先どんなものになるのかはまだ、俺にもなんともいえないね」

さらにポールはジョニー・マーとのコラボレーションもやってみたいと次のように語っている。

「もう何年かやってみたいという話にはなってるんだよ。いろんなところで出くわしてはいるんだけど、どうも一緒にやる機会にはまだありつけていないんだ」

なお、昨年新作『This Is What I Do』をリリースしたボーイ・ジョージはポールについて、昨年次のようにQ誌に語っていた。

「ポールのことは大好きで、だってもう信じられないくらいかわいかったし。昔すごくおもしろいインタヴューがあって、マリリン(ボーイ・ジョージの友人でイギリスの女装子歌手)が当時自分とポールがぬきさしならぬ関係になってるって言いふらしてたことがあったのね。それでそのインタヴューでもマリリンのことをポールに、本当になんかあったのかって訊いてみたわけなのよ。そうしたらポールったら『マリリンがそうだって言うんだったら、そんなこともあったのかもね』とか言っちゃって、一流のロック・スターのお手本のような受け流し方なのよね。それでもう大好きになっちゃって。『あんた、かっこよすぎよ!』って。ロック・スターというのはそういうもんなのよ。真実がどうかなんてことは誰も知らなくていいの。だから、ポールのことは大好きだったんだけど、ポールはわたしのことなんてどうとも思ってないでしょうね」

(c) NME.COM / IPC Media 2014

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする