ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラの脱退を明かす

ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラの脱退を明かす

ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィはこれまでバンドから離脱していたリッチー・サンボラがもう脱退したことを明らかにしている。

リッチーは2013年のビコーズ・ウィー・キャン・ツアーの開始から一月目にツアーから急遽離脱し、そのまま現在に至っている。リッチーは離脱の原因を自身の家庭の都合のためだと説明してきているが、ここにきてジョンはリッチーが脱退したことをエンタメ・サイトのショービズ411に次のように語っている。

「もうやめたんだよ。リッチーはもういないんだ。でも、悪い感情は全然ないよ。バンドをやるのには、なにも終身の義務じゃなくてもいいってことだよ」

その一方でリッチーは昨年11月に次のようにツアーからの離脱について語っていた。

「ツアーの合間に子供に会うようになってたんだけど、そのうち、どうしても玄関の外に出る気がしなくなっちゃんだ。家にいなくちゃならなくなったんだ……まあ、そう言ってもそれにどういう意味があるのか、わかってくれる人はほとんどいないと思う。でも、俺はずっと家に帰れなかったわけだからね。それは大きな犠牲になってたんだよ。娘の人生の大部分を俺は見てなかったことになるんだよね」

また、ジョンはNFLのバッファロー・ビルズの買収も進めていたが、競り負けることになって相当落ち込んだことも次のように語っている。

「あの買収のために俺はまるまる2年間注ぎ込んだんだからね。でも、ようやく立ち直ってきたところなんだ」

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする