ノエル・ギャラガー、リバティーンズ新作プロデュースの可能性を語る

ノエル・ギャラガー、リバティーンズ新作プロデュースの可能性を語る

2月25日(水)にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの2作目となるアルバム『チェイシング・イエスタデイ』を日本先行リリースし、4月には2回の東京・武道館公演を含むジャパン・ツアーを行うことも決定しているノエル・ギャラガーが、ザ・リバティーンズの新作のプロデュースを請われた件について「残念ながらできない」と語った。

これはリバティーンズのカール・バラーがNMEのインタヴューでノエルに現在制作中のリバティーンズの新作のプロデュースをして欲しいと語ったことに対して答えたもので、ノエルは同じくNMEの取材で次のように語っている。

「カールたちとは何度かメールのやりとりをしたよ。でも残念ながら彼らはタイでレコーディングしたいってことだったからさ。いくらやりたくても俺にはこれからツアーが控えてるから無理だ。リバティーンズと仕事をしたかったけど、あいつらがタイでやるなら俺はタイには行けないってね」

(c) NME.COM / IPC Media 2015
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする