BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!

  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート! - all pics by Taku Fujii

    all pics by Taku Fujii

  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート! - all pics by Taku Fujii
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!
  • BABYMETAL、宙を舞う! 新曲連打、大発表続々で燃えた横浜アリーナ公演レポート!

2015年12月12日、13日の2日間、BABYMETALの横浜アリーナ公演「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN - THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY -」が行われた。RO69では、その2日目・2015年12月13日の模様をライヴ写真とレポートでお届けする。

--------------------------

舞台狭しと噴き上がる火の玉の熱気とともに広がるSU-METAL(Vocal&Dance)の歌声と「神バンド」の轟音が満場の横浜アリーナを強烈に鼓舞する。そして、会場一丸の“Road of Resistance”のシンガロングを「かかってこいやあああっ!!」とさらに煽るSU-METALのコールに応えて、一面に拳とフォックスサインが突き上がる。最高の風景だ。

BABYMETAL初の本格的全国ツアーとしてライヴハウス5会場・8公演にわたって開催されてきた「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN」のファイナルであり、さいたまスーパーアリーナ(1月)、幕張メッセ(6月)と首都圏のアリーナ会場を舞台とした「METAL RESISTANCE EPISODE III:TRILOGY」のラストを飾る、横浜アリーナ2DAYSの2日目=「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN -THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY- ACT II」。「世界の混乱をヘヴィメタルで救う」という「METAL RESISTANCE」の壮大な物語に揺るぎない肉体性とロマンを注ぎ込みながら、世界中のロックファンを魅了してきたSU-METAL/YUIMETAL(Scream&Dance)/MOAMETAL(Scream&Dance)の真価が、どこまでもダイナミックかつエモーショナルな形で結実した一夜だった。

「キツネ様」とスフィンクスが融合したような巨大な像が三体立ち並ぶ舞台に、大村孝佳(G)/藤岡幹大(G)/BOH(B)/青山英樹(Dr)の“BABYMETAL DEATH”の熾烈なアンサンブルが響き渡り、SU-METAL/YUIMETAL/MOAMETALが姿を現した瞬間、場内の期待感と高揚感はあっさり沸点を越えていく。そのまま“ギミチョコ!!”“いいね!”と熱いコール&レスポンスを巻き起こし、横浜アリーナの巨大な空間をがっつり揺さぶってみせる。デジタルハードコアとメタルとポップの極限炸裂ナンバー“あわだまフィーバー”も、今年1年のライヴ活動を通して、すでに音源未発表曲とは思えない訴求力を獲得していたし、“Catch me if you can”“ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト”“ド・キ・ド・キ☆モーニング”といったアルバム『BABYMETAL』の楽曲群とともに、BABYMETALの「キュートなダンスユニット」としての側面を鮮烈にアピールしてみせた。

そんなライヴの空気感が、SU-METALソロ曲“悪夢の輪舞曲”、YUIMETAL&MOAMETALによる“おねだり大作戦”の後で一変する。「新たな調べとともに魂の闘いが始まる……」という重々しいナレーションに続けて鳴り渡ったのは、硬質なリフが渦巻くヘヴィなサウンドスケープと「闘うんだ」という歌声がせめぎ合う新曲。セイヤッ、ソイヤッ、というメンバーの掛け声が、やがて会場に広がって、熱いヴァイブを生み出していく。さらに、ライヴハウス公演でも披露していたもうひとつの新曲――スカメタルの疾走感の果てに壮大な地平を描き出す楽曲が、横アリの温度を刻一刻と高めていく。そんな中で轟いた“メギツネ”、そして“イジメ、ダメ、ゼッタイ”“ヘドバンギャー!!”へのハードエッジな流れは、彼女たちの「ポップファイター」としての表情をよりくっきりと浮かび上がらせていた。ヘヴィメタルとアイドルポップという一見対極のようなふたつの表現の狭間を、途方もない情熱とロマンでぎっちり満たし、神バンドの壮絶なサウンドと全身全霊傾けて響き合い、大会場のオーディエンスと向き合っていく……そんな3人のアグレッシヴな姿に、抑え難く胸が熱くなった。

本編ラストに歌い上げた“Road of Resistance”の激走メロディックスピードメタル感でひときわ高らかな大合唱を呼び起こし、「We are!!」「BABYMETAL!!」の会場一丸のコール&レスポンスを残して3人が退場した後、「我々はひとつ(ONE)になるのだ」のナレーションとともに、アンコールではメンバー3人がステージ上方、キツネ様の像の頭上に登場! 黒衣に身を包み、三角錐の形をしたゴンドラに乗り込んだ3人が、「We are the ONE」のフレーズを繰り返し掲げるアンセミックな新曲を歌いながら、ゴンドラごと横アリの中空をぐるりと巡り、広大な空間を「We are the ONE」のシンガロングで包み込んでいく。エンターテインメント性の高い演出と、メタルレジスタンスというストーリーと、SU-METAL/YUIMETAL/MOAMETALの決然とした佇まいが渾然一体となって、ロックとポップの新次元を描き上げていく。至上のエンディングだった。

3人を乗せたゴンドラがステージへ戻り、場内が暗転したところに、「TRILOGYは完結した」と再びナレーションの声が響く。そして、その声が続けて告げたのは、「METAL RESISTANCE EPISODE IV」の開幕だった。「4月1日のFOX DAYに、我々は新たな教典を授かる」という言葉とともに、『BABYMETAL』以来約2年ぶりとなる新作アルバムを2016年4月1日に世界同時発売することが発表されると、驚きと感激に満ちた怒濤の大歓声が噴き上がる! さらに、4月2日の英ウェンブリーアリーナ公演を皮切りに「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」を開催、その最終公演を東京ドームのワンマンライヴとして開催することがアナウンスされ、その歓声はさらに熱を帯びていく。僕らの想像を越えていくそのアクションのひとつひとつが、輝かしいスペクタクルとして観る者すべてを震わせる――そんな奇跡のサイクルの真っ只中にあるBABYMETAL、12月28日には「COUNTDOWN JAPAN 15/16」のEARTH STAGEに出演!(高橋智樹)

●セットリスト

01.BABYMETAL DEATH
02.ギミチョコ!!
03.いいね!
04.あわだまフィーバー
05.Catch me if you can
06.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
07.ド・キ・ド・キ☆モーニング
08.悪夢の輪舞曲
09.おねだり大作戦
10.新曲
11.新曲
12.メギツネ
13.イジメ、ダメ、ゼッタイ
14.ヘドバンギャー!!
15.Road of Resistance
(encore)
16.新曲

--------------------------
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする