グーグルが2015年の全世界の検索ランキングを発表

グーグルが2015年の全世界の検索ランキングを発表

グーグルが毎年恒例となっている全世界の検索ランキングを発表した。

2015年に最も検索された言葉はバスケットボール選手の「ラマー・オドム」で、次いで2位は「シャルリー・エブド」、3位がオンラインゲーム「Agar.io」となっている。また、ウィズ・カリファによる主題歌“See You Again (feat. Charile Puth)”の大ヒットも話題となった映画「Furious 7」(邦題:『ワイルド・スピード SKY MISSION』)が7位にランクインした。

人名検索ではアデルが4位に輝き、オーストラリア出身のモデル/アーティストのルビー・ローズが6位、シーアが8位にランクインした。

なお、今年は音楽アーティスト名の検索ランキングも発表されており、こちらは1位がアデル、2位がシーア、3位がイーグルス・オブ・デス・メタル、続いてサム・スミス、メーガン・トレイナー、フェティ・ワップ、N.W.A.、イージー・E、ホージア、クリス・ステイプルトンとなっている。また、今年亡くなった著名人では、ボビー・ブラウンとホイットニー・ヒューストンの娘ボビー・クリスティーナ、クリスチアーノ・アラウージョ、クリストファー・リー、ジャンナ・フリスケ、スコット・ウェイランド、B.B.キングらの名前が多数検索されたことが明らかになっている。

グーグルの2015年検索ランキングのページはこちらから。
http://www.google.com/trends/topcharts
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする