祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」

  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」 - all pics by Taku Fujii

    all pics by Taku Fujii

  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」 - all pics by Taku Fujii
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」
  • 祝・結成2534日!? 東京カランコロン、集大成の野音で「まだまだ漲ってます!」

2016年4月10日、東京カランコロンのワンマンライヴ「東京カランコロン 祝!結成2534日アニバーサリーだよ全員集合! in YAON」が日比谷野外音楽堂で開催された。RO69では、この模様をライヴ写真とレポートでお届けする。

--------------------------

最初から最後まで、誰もが笑顔になるようなハッピーで楽しい音楽が鳴り続けた、東京カランコロン初の日比谷野音公演だった。「祝!結成2534日アニバーサリーだよ全員集合! in YAON」と題したこの日のライヴを、「2534日って別に区切りがいいわけじゃないけど、野音がとれたから記念日にしようぜっていう、初々しいカップルみたいな感じに記念日にさせてもらったんです(笑)」といちろー(Vo・G)は言っていた。だからこそ、最新アルバム『noon/moon』を引っさげたツアーの流れにありながら、セットリストはガラリと変えた内容だった。インディーズ時代の楽曲から最新のナンバーまで。カランコロン集大成となった野音。それは期せずしてバンドの節目と呼ぶに相応しいものになっていた。

いつも通り、せんせい(Vo・Key)の♪ジャーン ジャーン ジャーンというキーボードの音に合わせて5人が挨拶をすると、1曲目は“カラフルカラフル”からスタート。かみむー氏(Dr)がゆっくり力強く叩き出すリズムが、周りのビルに反射して山彦のように跳ね返ってきた。これが日比谷野音のロケーションだ。せんせいがスカートをふわりと揺らしながら歌った“少女ジャンプ”、いちろーとのツインヴォーカルが溶け合った“シンクロする”、おいたん(G)と佐藤全部(B)の攻撃的なリフが炸裂した“ウキウキエブリデイ”と、カランコロンの予測不能のポップミュージックが野音をカラフルに彩っていく。

タイトルにある「結成2534日」とは、5人が初めて新宿Motionでライヴを行なった2009年5月からカウントした日数だという。そのライヴでは「入ったばかりで曲を覚えてなかった」と振り返った佐藤をはじめ、かみむー氏は「漫画喫茶で、カップルがイチャイチャしてる隣でフライヤーを作ってた」とか、おいたんは「タワレコの試聴機に入れるCD100枚を一晩で焼いたら、せんせいに『バンドのお金でラーメンを1杯食べていい』って言われた」(当時、せんせいが経理担当)とか、インディーズ時代を振り返るトークを展開した5人。懐かしい思い出話のあとに披露された、カランコロンの原点となる“ヴァージニアだったっけ?”は、とても意義深い1曲だった。ちょっと切なくて、情けない感情を綴った歌のリードヴォーカルをとるいちろー。それは、ロックバンド然とした真っ直ぐなかっこよさとは少しズレたところにある楽曲だが、独特のユーモアとセンスが溢れていて、いまも東京カランコロンに根付く美学は、昔から変わっていないのだと改めて思い知った。

野音の陽が暮れてきた時間帯にぴったりだったのが、アコースティックギターを弾くいちろーとせんせいがふたりだけ聴かせた“It’s more wonder”。ミディアムテンポのナンバーをしっとりと聴かせたところで、今度はおいたん、佐藤、かみむー氏の3人が、在日ファンクホーンズを迎えた熱いセッションを展開した。昼間のカラフルな衣装から、白と黒のシックな衣装へと5人が着替えて届けたハードボイルドなナンバー“じゃがいも殺人事件”から、混沌としたサウンドの中にダークファンタジーのような雰囲気も醸し出した“空中遊泳”へ。メンバー以外の演奏チームを迎えたステージはカランコロンにとって初めて。特別な一夜のために用意された心憎い演出に完全に惹きこまれてしまった。

いちろーのトリッキーなヴォーカルスイッチが入った“true! true!true!”から、ライヴアンセム“16のbeat”が繰り広げられる頃には、野音はどっぷり夜になっていた。「これだけ長くバンドをやってると、やることもなくなるかと思ってたけど、まだフレッシュにテンションの高さを保ってます。これからも良い曲、良いライヴができるっていう自信とエネルギーが漲っているので、よろしくお願いします!」と、初野音ライヴの喜びを語ったいちろー。終盤に届けた“ヒールに願いを”は素晴らしかった。昂揚感を掻き立てるエモーショナルな演奏にのせて、《きっと誰もが、不安を抱えて/笑えますように 笑えますように》と、願いを込めたバラード。自分たちの音楽が少しでも誰かを笑顔にできたらと、さりげなく音楽に込めた優しいメッセージはきっとこの日のお客さんに伝わっていたと思う。

アンコールで新曲“つよがリズム”を披露したあと、いちろーが「最新アルバム『noon/moon』の中で、僕たちのバンドとしての底力を感じられた曲です」と紹介して届けた“ハロー(始まり)”は、最後のハイライトだった。ステージから眩しいほど強烈な光が溢れ出し、5人が体を大きく使って繰り出した演奏。東京カロンコロンのイメージは、おもちゃ箱をひっくり返したと形容されるカラフルでポップな世界観だろうが、それだけでは語れない強靭なロックマインドが彼らの中には間違いなくある。そのことを強く意識させる名演だった。この日、そのステージに立つ彼らを見て強く思ったのは、東京カランコロンには限界がないということだ。音楽を心底愛しながら、どんどん進化していく東京カランコロン。節目の日を経て、唯一無二のバンドが辿り着く「この先」が楽しみでならない。(秦理絵)

●セットリスト
1.カラフルカラフル
2.少女ジャンプ
3.シンクロする
4.マリメッコとにらめっこ
5.ウキウキエブリデイ
6.泣き虫ファイター
7.フォークダンスが踊れない
8.ヴァージニアだったっけ?
9.CAN’T STOP 運命線
10.マチャアキとしっぱい
11.スパイス
12.ラブ・ミー・テンダー
13. It’s more wonder
14.じゃがいも殺人事件(with 在日ファンクホーンズ)
15.空中遊泳
16.true! true!true!
17.16のbeat
18.ヒールに願いを
19.いっせーの、せ!
20.恋のマシンガン
Encore
1.つよがリズム
2. ハロー(始まり)
--------------------------

最新ブログ

フォローする