ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催

  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - pic by Masanori Doi

    pic by Masanori Doi

  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - pic by Masanori Doi

    pic by Masanori Doi

  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - ブライアン・アダムス『ゲット・アップ』

    ブライアン・アダムス『ゲット・アップ』

  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - pic by Masanori Doi
  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - pic by Masanori Doi
  • ブライアン・アダムス、5年ぶりの来日ツアー。通算24回目の日本武道館公演を開催 - ブライアン・アダムス『ゲット・アップ』

2015年にアルバム『ゲット・アップ』をリリースし、大阪、東京で5年ぶりとなる来日を果たしたブライアン・アダムスだが、1月24日(火)に通算24回目となる日本武道館公演を行った。

ブライアンはステージ上で日本語に挑戦「今日は特別な日だから日本語で話すよ。日本武道館で24回目のコンサートです」と語った。

アリーナは一番後ろまで、スタンド席は2階の一番上までぎっしり埋め尽くされ、全32曲、約2時間半にわたってロックの名曲の数々が繰り出された。

1曲目は最新作『ゲット・アップ』から“Do What Ya Gotta Do”。35年を超えるキャリアからの選曲はどれも日本のファンに人気の曲ばかりで、“Heaven”、“想い出のサマー”、そして、これまでの武道館公演でも必ず演ったという“Somebody”などはブライアンのヴォーカルなしでも歌が響いた。

アンコールの1曲目も最新作『ゲット・アップ』からの“Brand New Day”、その後観客のリクエストに応えてエルヴィス・プレスリーの曲を演奏するシーンもあった。

また、「初来日(1983年)の時はまだ携帯電話なんてなかった。でも今はみんな持っている。だから携帯のライトを点けて」と、たくさんのキャンドル・ライトの中で最後の曲“All For Love”で幕を閉じた。

リリースの詳細は以下の通り。

●アルバム情報
『ゲット・アップ』(2015) 発売中
SHM-CD: UICP-1168 / 2,600円+税

ベスト・アルバム『アンソロジー』 発売中
2CD: UICY-20315/6 / 2,286円+税

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。
http://www.universal-music.co.jp/bryan-adams/
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする