2008年の米ユニバーサル・スタジオ火災、被害を受けた19のアーティストを法的書類で発表。ニルヴァーナ、サウンドガーデンほか

2008年の米ユニバーサル・スタジオ火災、被害を受けた19のアーティストを法的書類で発表。ニルヴァーナ、サウンドガーデンほか

2008年6月1日に米カリフォルニア州ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた火災で、ニルヴァーナをはじめとする700以上のアーティストのマスターテープ、およそ50万曲分が焼失していたと報道されていた

そして、この度ユニバーサル・ミュージック・グループ(以下、UMG)が、火災で被害を受けた19のアーティストを法的書類にて明かしたことがわかった。

「Rolling Stone」のニュースを報じた「Consequence of Sound」によると、ホール、サウンドガーデンや、トム・ペティの遺産管理団体らが原告となってUMGを相手取り訴訟を起こし、法的手続きの一環として「ダメージを受けたレコードの完全なリスト」を提出するようUMGに要求していたという。

その結果、UMGが裁判所に提出した書類を通して、マスターテープが焼失、もしくはダメージを受けた19のアーティストが確認されたとのこと。そのリストが以下となる。

ニルヴァーナ、サウンドガーデン、スレイヤーR.E.M.エルトン・ジョン…アンド・ユー・ウィル・ノウ・アス・バイ・ザ・トレイル・オブ・デッドブライアン・アダムス、David Baerwald、ベックシェリル・クロウジミー・イート・ワールド、レス・ポール、ピーター・フランプトン、マイケル・マクドナルド、ソニック・ユーススザンヌ・ヴェガ、ザ・サーファリーズ、ホワイト・ゾンビ、Y&T。

また、その他のアーティストについて、原告団の弁護士の一人であるHoward Kingが次のような声明を出していたそうだ。

原告が損害賠償を求めて訴えた当初、ユニバーサルは1万7000のアーティストが被害を受けたと述べていました。

しかし、アーティストによる訴訟に直面した今、ユニバーサルはたった19のアーティストしか被害を受けていないと主張しているのです。この矛盾は不可解です


なお、この19のアーティストの一人として名前が挙がったベックは以前に「The Sydney Morning Herald」のインタビューで、「僕のマネージメントは、(火災で)僕のどの音源が焼失したのか教えてくれないんだ。理由についてはきっと、(あまりに被害が大きくて)そのニュースを伝えられないからじゃないかな」とコメントしていた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする