ザ・ストロークス、2017年初となるライヴを南米コロンビアのフェスで披露

ザ・ストロークス、2017年初となるライヴを南米コロンビアのフェスで披露

昨年末に新作に向けた作曲に突入したと明らかにしているザ・ストロークスだが、今年に入って初となるライヴをコロンビアで行った。
バンドはコロンビアで開催されたエステレオ・ピクニック・フェスティヴァルにヘッドライナーとして出演した。新曲は披露せず、これまでのレパートリーによるセットとなったが、最新EPである『Future Present Past』からは"Drag Queen"を序盤に披露した。

セットリストは以下の通り。
The Modern Age
Soma
Drag Queen
Someday
12:51
Reptilia
Is This It
Threat of Joy
Automatic Stop
Trying Your Luck
New York City Cops
Electricityscape
Alone, Together
Last Nite

Encore:
80s Comedown Machine
Heart in a Cage
Hard to Explain

ファンが撮影した映像はこちらから。
https://www.youtube.com/watch?v=ox8X_oH94pU

なお、昨年10月にギタリストであるニック・ヴァレンシは「ザ・ストロークスはニューヨークで元気に過ごしている」と明かし、「音楽制作に今取り組んでいて、来年(2017年)には音楽を出していきたいと思ってるよ」とNME誌に語っていた。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする