氣志團、「ホノルルマラソン」応援歌を書き下ろし。いち早く楽曲が聴ける大会映像も

氣志團、「ホノルルマラソン」応援歌を書き下ろし。いち早く楽曲が聴ける大会映像も
氣志團が、12月10日(日)に第45回記念大会を迎える「JALホノルルマラソン」のオフィシャル応援歌“RUNNING MAN”を完成させた。

氣志團は、大会史上初の公式應援團に就任しており、同曲は大会に参加する人を応援するために作られた書き下ろしの完全オリジナル楽曲。9月初旬に予定している楽曲配信サービスでのリリースに先がけて、ホノルルマラソンの大会映像とともに、ホノルルマラソン公式ウェブサイトにて解禁された。


作詞を担当した、今回フルマラソンに初挑戦する綾小路翔は、「人が走るのには様々な理由があるわけで、おそらくスタートラインはバラバラだと思うんです。だけどゴールはみんな一緒。“超気持ちいい”それだけ。自分との対話をしながら走るも良し、仲間と和気藹々と走るも良し、景色に想いを馳せながら走るも良し。自分を含めすべてのランナー達の背中を、ほんのちょっぴりだけ押してくれる…そんな曲になれたらなと願いながら作りました」と語っている。

また、本大会の前々日に開催されるランナーの祭典「アロハフライデーナイト」に、氣志團の出演が決定した。

最新ブログ

フォローする