My Hair is Bad、2曲でひとつのシングル『運命 / 幻』。「彼女目線」で描かれた新曲“幻”を聴いた

9月6日(水)にリリースされる、My Hair is Badの両A面シングル『運命 / 幻』。先日ラジオにて先行オンエアされた“運命”に続き、今回は“幻”が同じくラジオにて解禁となった。すでに本作品のティザー映像が公開されているので事前に少しだけ聴けていたのだが、今回フルで聴くことによって明らかになったその光景の切なさに、グッと息を呑んでしまった。


男女の終わりを迎えた後の「もしも」と「夜」の組み合わせほど怖いものはないし、その感覚は恋愛の終焉を知っている人ならきっと分かると思う。胸を締め付けられるような息苦しさと虚無感を代償にして、ほんの少しの間だけ願いを叶えてくれる「もしも」をきっかけに明るく広がる「幻」の世界。それが夜更けであればあるほどその光の残像は色濃く脳裏に残って、目覚めた時のギャップが辛くなる。――想像しただけでも心が痛くなるようなそんな情景を、彼らは幻で終わらせずに曲の中に閉じ込めた。さらに、最初はまだ寝起きで夢見心地、そこから徐々に現実と夢の境目がはっきりしてくる様子が伝わるような展開を繰り広げるメロディラインにも「あぁ……」とため息をついてしまいそうになる。

そして作詞を手掛ける椎木知仁自身が「彼氏目線」で描いた“運命”よりも、「彼女目線」で描いた“幻”の方が、この恋を引きずっているように聞こえるのがまた考えさせられるところだなぁとも思った。彼女の本心? 「そう思っていてほしい」という彼氏の願望? それとも彼氏の本心の投影? ――これはさすがに深読みのしすぎかもしれないが、曲やライブを重ねるごとに語られる「今」が変わっていくリアルさを強みにしているマイヘアの作品だからこそ、しっかりと歌詞カードを読みながら聴き込みたいと思った。発売まであと少し、早く手に取って彼らの音楽に没頭したい。(峯岸利恵)

最新ブログ

フォローする