赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱

赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱 - All photo by MAETTICO  福本和洋All photo by MAETTICO 福本和洋
ボーカル・佐藤千明が8月いっぱいをもってバンドを脱退することを発表した赤い公園が、8月27日、Zepp DiverCity Tokyoにて、4人体制でラストとなるニューアルバム『熱唱サマー』を引っさげたワンマンライブを開催した。

赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
佐藤による開演前の場内アナウンスのあと、ライブは『熱唱サマー』のオープニング曲“カメレオン”からスタート。スタンドマイクの前に仁王立ちで歌う佐藤と、ゲストミュージシャンのホーン隊によって披露。歌い終えた佐藤の「日本一熱い祭りへようこそ!」の一言から続けて“AUN”へ。
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
ここから18曲目まではほぼノンストップ。“急げ”や“塊”、“西東京”や“絶対的な関係”のようなアンサンブルもあり、“journey”のイントロでは佐藤が《間違いだらけの答えになれ》という力強いメッセージをアカペラで届け、“勇敢なこども”ではメンバー4人全員が歌声を重ねる。ゲストミュージシャンによるピアノに合わせて佐藤が歌う“BEAR”では津野・藤本・歌川の3人はマラカスやトライアングル、タンバリンなどの楽器を担当。最後は歌川のピアニカと津野のピアノで4人だけの演奏を披露した。
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
ライブはラストスパートになり、“闇夜に提灯”では佐藤が拳を突き上げフロアを煽り、“黄色い花”ではフロア中の手拍子を呼び起こす。本編ラストの“ほら”では《大人になった僕らは/何をしているのかな/そんなことなんてわからないから/今を大切にしたい》という言葉が響く。アンコールは“スーパーハッピーソング”や“楽しい”を披露、最後の“NOW ON AIR”では、佐藤はフロアに飛び込み、《今夜も東京のど真ん中/Zeppで/NOW ON AIR》と絶叫した。
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱
赤い公園、4人体制ラストライブで27曲完全熱唱


2017.08.27「熱唱祭り」
@Zepp DiverCity TOKYO
セットリスト


1:カメレオン
2:AUN
3:急げ
4:ジョーカー
5:塊
6:西東京
7:のぞき穴
8:絶対的な関係
9:今更
10:サイダー
11:恋と嘘
12:いちご
13:プラチナ
14:私
15:journey
16:勇敢なこども
17:交信
18:BEAR
19:最後の花
20:闇夜に提灯
21:KOIKI
22:黄色い花
23:ほら

アンコール
24:セミロング
25:スーパーハッピーソング
26:楽しい
27:NOW ON AIR


最新ブログ

フォローする