『メアリと魔女の花』英語吹替版にケイト・ウィンスレットら俳優陣が参加

『メアリと魔女の花』英語吹替版にケイト・ウィンスレットら俳優陣が参加
7月8日(土)より全国で上映中の、スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』の英語吹替版キャスティングが発表された。

同映画は監督を米林宏昌が務め、興行収入30億円超えを記録。間もなく動員250万人を突破する勢いで、9週連続で観客動員ランキングのトップ10入りを果たしている。

今回の発表でメアリ役にルビー・バーンヒル、魔女の国のエンドア大学の校長のマダム・マンブルチューク役にケイト・ウィンスレットが決定。映画の原作であるイギリスで英語吹替版のアフレコが実施され、海外では最速9月1日(金)から台湾での公開を皮切りに順次公開される。

英語吹替版キャスト一覧は以下のとおり。

メアリ:ルビー・バーンヒル(Ruby Barnhill)
マダム・マンブルチューク:ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)
ドクター・デイ:ジム・ブロードベント(Jim Broadbent)
フラナガン:ユエン・ブレムナー(Ewen Bremner)
シャーロット:リンダ・バロン(Lynda Baron)
ピーター:ルイ・アシュボーン・サーキス(Louis Ashbourne Serkis)
バンクス:モーウェナ・バンクス(Morwenna Banks)
赤毛の魔女:テレサ・ギャラガー(Teresa Gallagher)
ゼベディ:ラスムス・ハーディカー(Rasmus Hardiker)
光の精:レベッカ・ルイス・キッド(Rebecca Louise Kidd)


【西村義明プロデューサーコメント】
原作の国・イギリスで収録し、全編イギリス英語で吹き替えました。メアリは可憐で凛としていて、フラナガンとドクターは滑稽だったり。現地の吹き替えチームのアイディアで、北部、中部、南部、スコットランド地方など、イギリス各域のしゃべり方を採用し、人物たちの個性がさらに豊かになりました。でも、一番驚いたのは、マダム役の声。天海祐希さんとケイト・ウィンスレットさんの演技は、ぴったり、そっくりです。素晴らしいキャストの声と共にメアリの一夜の大冒険を、英語圏の方々にも楽しんでいただければ幸いです。


最新ブログ

フォローする