クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、『ヴィランズ』でバンド初の英チャート1位を獲得

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、『ヴィランズ』でバンド初の英チャート1位を獲得

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジが 8月25日にリリースしたニュー・アルバム『ヴィランズ』が、最新の英チャートで1位の売り上げを記録している。バンドは2013年にリリースした『ライク・クロックワーク』で英チャート2位を獲得しているものの、1位を飾るのは今回が初めてとなる。


「The Official UK Charts Company」によると、バンドにとって7枚目となる『ヴィランズ』の売り上げ総数は約32000枚で、16週連続で英チャート1位を記録していたエド・シーランの『÷(ディバイド)』を抜いて1位となった。

なお、1位の『ヴィランズ』と2位の『÷(ディバイド)』に続いて3位にはザ・ウォー・オン・ドラッグスの『ア・ディーパー・アンダスタンディング』が続いている。


また、ニュー・シングル“Look What You Made Me Do”のリリースによりテイラー・スウィフトの『1989』(2014)が60位台から32位まで上昇し、トップ40に返り咲いた。

最新ブログ

フォローする