SEKAI NO OWARI・Saori、『ふたご』で小説家デビュー。序章の手書き原稿を公開

SEKAI NO OWARI・Saori、『ふたご』で小説家デビュー。序章の手書き原稿を公開
SEKAI NO OWARIのSaoriこと藤崎彩織が、小説家デビューする。

藤崎の初の小説のタイトルは『ふたご』で、10月28日(土)に発売が決定している。同小説は構想から5年以上もの月日をかけて綴られた、とあるバンドの結成前夜を描く青春小説となっているとのこと。

また『ふたご』は、いつもひとりぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、不良っぽく見えるけれども人一倍感受性の強い、高校生の月島による物語。彼は自分たちのことを「ふたごのようだと思っている」と言うのだが、いつも滅茶苦茶な行動で夏子を困惑させ、夏子の友達と恋愛関係になり、夏子を苦しめる。それでも月島に惹かれる夏子は、誘われるままにバンドに入り、彼の仲間と共同生活を行うことになる、というストーリーとなっている。

また、SEKAI NO OWARIがメインキャラクターを務める「文春文庫 秋100ベストセレクション」フェアが本日より全国書店店頭で開催。特設サイトにて、『ふたご』の序章の手書き原稿と、今回のキャンペーンの写真を撮影した際のメイキングPR動画が公開されている。

最新ブログ

フォローする